海洋生物に大きな悪影響を与える

>

魚を食べた人間が病気になる

人間の生活に関わること

海洋生物が瀕死の状態になるだけではありません。
人間も、病気を発症して命を落とす危険性があります。
プラスチックを食べた魚を食べなければ良いだけの話ですが、見た目だけではわかりません。
魚は大事な食料なので、全く食べないというのも不可能でしょう。
知らない間に有害物質を体内に侵入させているのは、非常に怖いことです。

病気の治療方法が見つかっていないものも多いです。
ですから発症したら苦しい思いをして、最後には死んでしまうかもしれません。
そんな人生を送るのは、誰だって嫌ですよね。
今からでもプラスチックゴミを減らすことを徹底することで、悲惨な未来を回避できます。
自分にも関係あることだと思って、積極的にリサイクルに取り組んでください。

後世にも伝わってしまう

自分だけではありません。
自分の子孫にも、プラスチックゴミの悪影響を与える可能性があります。
特に女性が体内に有害物質を摂り入れることで、生まれてくる赤ちゃんの発達に問題が起こるケースが増えています。
しかし、男性も油断できません。
遺伝子に有害物質が含まれていて、未発達な子供が生まれることがあります。
誰でも、有害物質の影響を受けると思ってください。

世界中でこのようなことが起こると、人間も全滅する危機を迎えます。
回避するために、プラスチックを分別して海を綺麗にする取り組みを開始しなければいけません。
これ以上対策が遅れると、間に合わなくなってしまいます。
自分だけで取り組むのではなく、周囲にも分別することを呼びかけましょう。



TOPへ戻る