海洋生物に大きな悪影響を与える

>

子供に大切だと教えよう

親子でリサイクルを実践

小さい頃から、リサイクルは大事だと教えることが大事です。
子供でも環境の大切さや、海にプラスチックが流れ出るとどうなるのか理解できます。
すると環境を守るために、進んでリサイクルに貢献してくれるかもしれません。
最初は分別する方法がわからないかもしれませんが、親が分別している姿を見せることで、子供は次第にわかってくれるはずです。

子供に、良い手本を見せられるように意識すると良いですね。
親が毎回プラスチックをその辺に捨てていると、子供もマネをします。
子供が大きくなってからも、分別しない悪い大人に成長してしまうでしょう。
子供が見ていると思って、いつでも正しい方法でプラスチックを処分することを心がけてください。

マークを見て判断しよう

プラスチックとペットボトルは、よく似ている素材です。
特に子供は、間違ってしまうかもしれません。
ですがマークを見ればすぐに分かるので、安心して分別させてください。
きちんとペットボトルや、プラスチックというように名前が記載されています。
もしどちらなのかわからなかった場合は、すぐマークを確認しましょう。

最近は幼稚園や学校でも、プラスチックをリサイクルするように指導しています。
幼い頃から、教え込むのが良いですね。
プラスチックを分別してリサイクルすることで海も汚れませんし、資源の無駄遣いを回避できます。
プラスチックを作るための資源は、限りがあります。
なくなったら困るので、何度も再利用することが重要です。



TOPへ戻る